トピックス
2017.07.19
2017.01.24
2017.01.23
2017.01.23
2017.01.07
2017.01.05
2017.01.04
2017.01.02
2016.12.31
2016.12.27
2016.12.27
2016.12.01
2016.12.01
2016.12.01
2016.12.01
2016.11.18
2016.11.18
2016.11.03
2016.10.27
2016.10.27
2016.10.12
2016.10.12
2016.09.18
2016.09.12
2016.09.11
2016.09.06
2016.09.06
2016.08.22
2016.08.21

ネイチャーキッズ N4 高遠どきどきキャンプ②

2011-08-06 配信

 高遠どきどきキャンプの2クール目がはじまりました。1クール目に比べて低学年の子が多いクールで、さらに今回は日本在住の外国籍の子とサポートの外国人中学生、さらに通訳として横浜国大の留学生のお姉さんも同行していただきました。
 初日は森のテントサイトへ移動して、テント宿泊の準備です。針葉樹林の中のテントサイトで、朝夕はとても涼しいところです。テントサイトの中のある木に穴があいていました。実は鳥の巣。子どもたちの様子を見はからって鳥が出入りをしていました。

 バイキングの夕食の後は、施設内のプラネタリウムで星の勉強会。でも朝早くから移動してきた子どもたちの中には眠ってしまう子も続出でした。
 2日目の午前中は、森の中のオリエンテーリング。リーダーのお兄さん、お姉さんと一緒に暗号解読をします。みんな協力してゴールしました。

午後は、長野県南部から運んできた孟宗竹を使ってMy食器づくり。おみやげに竹のおはしを作る子も。


 テントサイトは自然がいっぱい。野兎があらわれて子どもたちもびっくり。夜には鹿の啼く声も聞こえました。また、トカゲを捕まえてくる子や、ヘビ(マムシではなく、無毒のアオダイショウ)を見つける子もいました。

 3日目は、テントサイトのお掃除をして帰る準備。あっという間の3日でしたが、仲良くなったリーダーたちと名残惜しいお別れでした。(リーダーの中には涙目になっていたリーダーもいました。)

 子どもたちを見送ったリーダーがひとこと。「あー、おわっちゃったな。」でもまた会える日を楽しみに、また長野へ来てね。
 

←前の記事「」へ 
 次の記事「」へ→

サイトマップ コンタクト